月別: 2020年12月

【日本コカ・コーラ株式会社】 「からだおだやか茶W」新製品発表会 工藤孝文医師

  【日本コカ・コーラ株式会社】

    「からだおだやか茶W

      新製品発表会

 

 

 

 

 

【医師監修】フラボノイドで、認知症の発症リスクが低下!?

フラボノイドで、認知症の発症リスクが低下!?

フラボノイドを多くからだに取り入れると、認知症になるリスクが低い可能性が、アメリカの研究で明らかになりました。

男女2801人(研究開始時の平均年齢が59歳)を対象に、フラボノイド類に分類される6種類の物質の摂取量を調べました。

約20年間追跡し、認知症が発病するか関連性を調査しました。

各種フラボノイド類の摂取量で4群に分けた結果、「フラボノール」を最も多く取った群は最も少なかった群に比べて、認知症の発症リスクが46%低かったという結果がでました。同様に「アントシアニン」では76%、「フラボノイドポリマー」では42%低かった問う言う結果でした。「フラボノール」と「フラボノイドポリマー」は紅茶やリンゴ、ナシから、「アントシアニン」はブルーベリーやイチゴ、赤ワインからの摂取が多かったようです。

また認知症のうちアルツハイマー型認知症も、「フラボノール」と「アントシアニン」の摂取量が多いほど発症リスクは低かったとの結果がでました

フラボノイド類やその代謝物は、神経細胞の生存を促し、脳血管の血流を良くすると考えられています。

フラボノイド!認知症のリスク低下に期待大です!

(引用:Am J Clin Nutr; 112,343-353,2020)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén