医療現場で使われている新型コロナウイルスの抗原検査キットを薬局で販売することを特例で認める事務連絡を厚生労働省が都道府県などに出しました。

 

・抗原検査キットとは?

・感染拡大防止への影響は?

・キットの使用で注意すべきことは?

・まとめ

 

抗原検査キットとは?

「鼻に綿棒を入れて検体を採取し、検査を行うと、15分から30分程度で結果が分かります。ただ、ウイルスの量が少ない場合、感染しているにもかかわらず陰性の結果が出る「偽陰性」のリスクがあるため、結果が陰性だった場合でもマスクの着用といった感染対策を続ける必要があります。また、陽性となった場合は、医療機関を受診する必要があります。これまでもインターネットなどで販売されていましたが、これらは「研究用」と呼ばれる製品でした。今回、厚生労働省が承認した15の抗原検査キットはこれまで一般の人が購入することができなかった「医療用」になります。」

 

 

薬局での販売を容認した狙いは?

「今後も新型コロナウイルスの感染が再び拡がり得る状況下、より簡便に家庭内等において、体調に不安がある場合等にセルフチェックとして自ら積極的に検査を行えるようにするためです。セルフチェックの結果を受けて、より確実に医療機関への受診につなげ、感染再拡大を未然に防ぐことが狙いであると思います。」

 

 

キットの使用で注意すべきことは?

「ウイルスの量が少ない場合は感染しているにもかかわらず陰性の結果が出る「偽陰性」のリスクがあります。ですから結果が陰性だった場合でもマスクの着用といった感染対策を続ける必要があります。本当は感染しているのに検査で陰性となった場合、数日たつとウイルス量が増加していて人に感染させる可能性もあるからです。また、陽性となった場合は、医療機関を受診する必要があります。また。症状が出てから薬局に購入しに行くことは感染拡大防止の観点から避ける必要があります。ですからキットでの検査を希望する場合は健康なときにあらかじめ購入しておく必要があると思います。」

 

 

まとめ

 

検査を行うと、15分から30分程度で結果が分かるお手軽で便利な検査キットですが、ウイルスの量が少ないと感染していても陰性という結果が出る「偽陰性」が出てしまうという側面もあることがわかりました。検査の仕組みを正しく理解してから使うことが重要になりそうです。