5月になって、気温が徐々に高くなってきています。

新型コロナウイルス感染を予防するために、マスクをつけた状態でランニングやウォーキングなどの運動して、「からだがだるい」「めまい・たちくらみ」といった症状を訴えて受診される患者様が増えてきております。

マスクをしていた状態で運動すると身体に熱がこもってしまい、熱中症リスクが高まることを指導するようにしています。しっかり水分を補給しながら、マスク内に熱がこもった場合は、マスクのすきまを少しあけて風通しを良くするのも効果的です。

マスクをして運動をすると熱く湿った空気がこもって、肺をはじめとした臓器に熱がこもり、身体全体にに熱がこもりがちになる。また、マスクがフィルターになり、普段より運動の負荷がかかっている状態で、熱を生み出すことになります。
また、コロナ自粛の影響で、自律神経が乱れて、発汗のコントロール(汗の出し入れ)が、うまくできないのも影響していると思われます。自宅ではコップ1杯のお水を飲んで半身浴、入浴後もコップ1杯を飲むなどをして、汗を出せる体質を作ることが重要になってきます。

これからの季節は、運動する場合は、コロナ感染予防と熱中症予防とどちらも考えて運動した方がよさそうです。がんばりすぎず、体調によって休みをとる、こまめに水分補給する、それに加えてソーシャルディスタンスをとることが大切です。

コロナ自粛でストレスがたまるこの時期、マスク熱中症に気をつけながら運動をしましょう!