蒸し暑くなってきましたね。

この時期、気になる汗のにおい。
人にいやな思いをさせていないか気にしてしまいますよね。

今回は、においが出やすい、頭皮、首すじ、脇の下、足など、カラダの部位別に、
汗のにおいの原因と対処法をを紹介させていただきます。

体をきれいにしておくことで、体臭ケアができます。

この時期をさわやかに過ごしましょう。

からだのにおいの原因

においは汗をかく部分、汗腺から出ます。意外と知られていないことですが、汗そのものはにおいを発しているのではありません。むしろ、汗が皮膚表面ののアカや皮脂分と混ざり合い、においを発生させる細菌の栄養となってしまうことが実は原因なのです。
においを発しやすい部分については、特に清潔を保ち、汗をかいたらすぐに拭くことを心がけましょう。

部位別:においの原因と対策

頭皮・頭髪のにおいの原因と対策

頭皮は汗を出す部分汗腺が多いため、汗や皮脂、フケなどが細菌の栄養となり細菌がにとって住みやすい部位です。この細菌が増殖するときに、におい分子を発し、頭からにおいがでるのです。
更に髪の毛は、空気中のにおい分子を吸着して、いやなにおいを発生させることがあります。
頭皮やの髪の毛のにおいは、洗髪を正しくすることで、90%程度は予防できます。

しかし、洗い方に注意が必要です。頭のにおいが気になりすぎて、ゴシゴシ洗いをしてしまうと、頭皮が乾燥し、余分にに皮脂の分泌を促します。更には、ゴシゴシ洗いは、健康な頭皮を守っている「表皮ブドウ球菌」という良い菌をを減らしてしまうので指の腹で優しく丁寧に頭は洗いましょう。

耳裏・首すじのにおいの原因と対策

耳裏は洗い忘れをしやすい部位ですのでこの時期は特に意識して洗うようにしましょう。
また、40代になると、耳裏から「ノネナール」という物質を含んだ加齢臭が発生する可能性があります。ノネナールは汗と結びつき、きついにおいを発するので、
耳裏は石けんなどを用いしっかりと洗い、きれいにしておきましょう。

背中のにおいの原因と対策

背中も皮脂腺が多く、汗をかきやすい部分です。またあまり知られていませんが、背中も耳裏と同じ、加齢によって変性した皮脂が生み出すノネナールが分泌されているのです。
背中は、どうしても手が届きにくいので、柄付きのスポンジなどを使うと洗うのがおススメです。

わきの下のにおいの原因と対策

わきの下は、雑菌と結びつきやすい、粘りがある汗を出す「アポクリン汗腺」が多く存在していて、きついにおいを発生させます。
においを予防するためには、汗をかいたら早めにふき取るようにし、適量の制汗剤で汗を抑えることが効果的です。

 

陰部のにおいの原因と対策

陰部のにおいの原因も、わきの下と同じでアポクリン汗腺が多い部位で、嫌なにおいを発生させる原因になります。密閉した下着の着用によって、蒸れてしまい細菌が増える原因となることがあるので、この時期は通気性、吸汗性ある下着をつけるようにしてください。

足のにおいの原因と対策

足が臭くなる原因は、実は歩行による摩擦によるアカが発生しやすいこと。足の裏のアカは、爪の間や足の指の間に溜まり、細菌にいとって栄養になります。
また足の裏は、1日にコップ1杯分程度の汗をかきます。
足のにおいの軽減のためには、5本指ソックスは、指の間の汗を吸収するのでおすすめです。