「コロナ太り」57%が体重増加

工藤孝文医師「糖尿病や高血圧の悪化の懸念」

「コロナ太り」の患者様が非常に多くなっています。新型コロナウイルスの外出自粛のせいで運動量が減った方が、増えているのが現状です。約6割近くの人がコロナ自粛前よりも「太った」という調査が発表されました。工藤孝文医師は、運動不足や、生活習慣病になりやすくなると指摘しています。

▽体重が増えた人は57%、
▽体脂肪率が増えた人は60%に上りました。

体重について見ると、
▽32%の人が増加は1キロ未満でしたが、
▽1キロ以上増えた人も26%いて、
▽中には10キロ近く増えた人もいました。

さらに一日に歩く歩数も大幅に減っていて、厚生労働省が病気の予防として推奨している1日8000歩に達していない人が79%に上っています。