最近の研究で「腸」が、食べた物を消化吸収するだけの臓器ではなく、「人体の前身の免疫を命令系」という大事な機能があったがわかりました。よくきく「腸内細菌」が、腸に集まる「免疫細胞」と連携をとりながら、人体全身の「免疫力」を制御していることが分かってきました。

「免疫力」は腸次第!

腸は、食物と共に、一緒に最近やウイルスなどが入って来るリスクのある臓器。ですから腸には、外敵を退治してくれる「免疫細胞」がたくさん集まっています。腸にある免疫細胞の数は、なんと全身のの免疫細胞の7割!たくさんの免疫細胞たちが、外からの敵の攻撃に常に準備をしているのです。

更には信じられないかもしれませんが、腸には、免疫細胞の戦闘力UPさせるため特別な「養成機関」まで配備されています。「パイエル板」と呼ばれ、その表面には、腸内をに存在する細菌やウイルス、食べかすなどの「異物」を、わざわざ腸の壁の内側に、引き込んでその「異物」を、パイエル板の中に存在する多くの免疫細胞にわざと触れさせ、有害かどうか、攻撃すべき外敵について勉強させているのです。

腸での特殊訓練を受けた免疫細胞たちは、外敵から体を守るだけでなく、血管で全身をかけめぐり、全身で最近やウイルスなどを見つけ攻撃する“特殊部隊”となります。腸とは無関係な感じのする肺炎やインフルエンザも、この、養成機関で鍛えられた免疫特殊部隊と関係しているらしいことが、最新研究でわかってきました。腸はいうなれば「免疫司令塔」なんですね。