【医師監修】皮膚むしり症とは!?「やめたいのにやめられない」

皮膚むしり症とは、何度も皮膚をむしることを繰り返すことで、皮膚が傷つく症状ですす。

この病気は、根っこには不安などがあり、皮膚をむしると、不安症状が改善することがあります。

キズができても皮膚をむしってしまい、その行動をやめようとしてやめられず、

それに加えて、苦しみを感じている、生活に悪い影響を及ぼします。

 

強迫的に皮膚をひっかいたり、むしったりするので、強迫症の一種といわれます。

 

人口の約1~2%にみられ、そのうち7割~8割が女性といわれています。

認知行動療法と、抗うつ薬やN-アセチルシステイン、漢方薬が、効果を発揮します。

 

漢方薬で改善することも多くありますので、一度、近くのかかりつけ医にご相談するのもいいかもしれません。

【関連記事はこちら】