タグ: ファイザー

ファイザー製ワクチン1億2000万回分の追加供給契約

厚生労働省は8日、来年1月から新型コロナワクチン1億2000万回分の追加供給を受ける契約を、米ファイザー社と結んだと発表しました。

 

 

・なぜワクチンの追加供給契約が行われた?

・ブースター摂取はいつから始まる?

・4回目以降の追加接種の可能性は?

・まとめ

 

 

 

なぜワクチンの追加供給契約が行われた?

これまでの契約に加えて新たに1億2000万回分の追加供給の契約をファイザーと結びましたが、なぜ追加契約が行われたのですか?

 

 

「政府は2回接種を10月から11月のできるだけ早い時期に、希望者全員の接種を完了するという目標を掲げており、これまで確保されていたワクチンで対応しています。今回の追加供給するワクチンは3回目の摂取、いわゆるブースター摂取と呼ばれるものに使われる見込みです。ファイザー以外にもモデルナ製5千万回分、ノババックス製1億5千万回分についても契約を結んでいます」

 

 

 

 

ブースター接種はいつから始まる?

ブースター接種はいつから始まるのでしょうか?

 

「早ければ12月にも開始される予定です。今年2月から先行接種した医療従事者ら約104万人を最初の対象者に想定しています。来年1月に医療従事者や高齢者、一般住民ら約304万人、同2月に同じく約1399万人の接種が見込まれるようです。厚労省の専門分科会は2回目接種から8カ月以降を目安にブースター接種を行うことを了承していて、2回目を摂取した全員がブースター摂取を受けられるように市区町村に体制整備を要請しています」

 

 

 

 

4回目以降の追加接種の可能性は?

4回目以降の追加接種の可能性はありますか?

 

「3回目のブースター接種を世界に先駆けて着手したイスラエルでも変異株などの影響で感染再拡大が収まらず、4回目接種の準備を行っていると報道されています。そのため、日本においても同様の流れを辿る可能性は十分にあると思います。」

 

 

 

 

 

 

まとめ

ブースター接種の必要性が指摘されるなかで発表された今回の大型追加供給契約。必要な人に1日でも早くブースター接種が実施されるように市区町村では体制整備を行なっているということなので、自分がいつ接種が可能なのか自治体からの連絡に注意する必要がありそうです。

 

【専門医・医師監修】コロナ治療薬を年度内供給目指すと塩野義製薬が発表

塩野義製薬が開発中の新型コロナウイルス治療薬について、最終段階の臨床試験を12月に終了させ、今年度中の供給開始を目指すと発表しました。

 

・塩野義製薬が開発中の治療薬とは?

・治療薬の供給が始まると治療体制はどう変化する?

・抗体カクテル療法と治療薬の使い分けは?

・まとめ

 

 

塩野義製薬が開発中の治療薬とは?

塩野義製薬が開発を進める治療薬について教えてください。

 

「塩野義製薬が現在開発を進めている治療薬はウイルスの増殖を抑制するもので、軽症者や無症状者向けの飲み薬になります。感染初期に1日1回、5日間自宅などで服用することで重症化を防ぐ効果が期待されています。先月27日に医療機関の入院患者やホテルの宿泊療養者など約2100人を対象にした最終段階の治験を国内で始めていて、12月には治験を終了させて年度内に最低100万人分を用意するとしています。」

 

 

治療薬の供給が始まると治療体制はどう変化する?

治療薬の供給が始まると、これまでの治療体制から変化は出ると思いますか?

具体的にどのようなことを期待されますか?

 

「現在自宅療養の患者さんに対して治療の選択肢は限られていて、設備や制度の都合でなかなか治療ができないこともままありました。今後飲み薬が普及すればより多くの患者さんが救われることは間違いありません。また、服用が簡便ですので、外来での治療ができるようになれば医療のひっ迫も緩和できるようになると期待しています。」

 

 

 

抗体カクテル療法と治療薬の使い分けは?

すでに行われている抗体カクテル療法と新たな治療薬はどのように使い分けられることになりそうですか?

「抗体カクテル療法では点滴での投与を行いますので、入院患者へは比較的投与のハードルが低いものの、自宅療養を行っている患者などに対しては使いにくいものでした。今後、経口薬が普及すれば、自宅療養を行っている患者に対しても効率的に治療を行えるため、よりスピーディーな治療ができるようになるかと思います。2つの薬剤は作用する点が違いますので、併用すれば重症患者に対してより強い効果が期待できるのかなども注目されます。※抗体療法と経口薬の特徴を踏まえた上で先生のご意見を教えてください。」

 

 

まとめ

 

新型コロナ治療薬は塩野義製薬の他にメルクやファイザー、ロシュ社でも開発が進んでいます。治療の選択肢が増えることで、新型コロナウイルスの克服に向かって前進することが期待されます。

【医師監修】厚労省がワクチン3回目摂取を容認 医療従事者は早ければ12月にも

厚生労働省は17日、「ブースター接種」と呼ばれる新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を認めることを決めました。

 

・今回の承認内容

・ブースター接種とは?効果は?

・接種の間隔はどれくらい?副反応は?

・まとめ

 

今回の承認内容

17日の厚生労働省の予防接種・ワクチン分科会が国の状況、今後出現しうる変異株への懸念などを考慮して「ブースター接種」が了承されました。2回目までと同じワクチンを使うことが基本として、2回目から8カ月以上あける方向です。対象者は今後検討するとのことで、2月に先行接種が始まった医療従事者には、早ければ12月中にも接種が始まる見通しです。

 

ブースター摂取とは?効果は?

「新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた人の免疫をさらに強化するため、3回目の接種をすることです。米ファイザーや米モデルナなど新型コロナワクチンの多くは2回の接種が基本ですが、感染力の強いデルタ型などの流行でワクチンの効果が下がるとの懸念が出ており、イスラエルや英国など一部の国が追加接種に動き始めています。」

 

「血中に含まれる抗体量(抗体価)が半年でピーク時の4分の1に低下する場合があるとの研究結果が報告されていて、ブースター接種すれば抗体価が増えるほか、先行するイスラエルでは高齢者に接種後、12日目以降から、2回接種者に比べて感染・重症化予防効果が10倍以上にのぼったとの研究結果も示されています」

 

 

接種の間隔はどれくらい?副反応は?

「近く開始予定のアメリカでは2回目接種からの間隔を8カ月後としています。こうした例を参考にして日本でも2回目接種からおおむね8カ月以上あけることをめやすとされています。もちろん今後、科学的知見が集まれば再検討することもあり得るでしょう。副反応は、ファイザー製とアストラゼネカ製では2回目までと頻度が同程度か低く、モデルナ製は「容認できる」レベルとされています」

 

まとめ

分科会に出席した専門家からは、2回接種済みの医療従事者の感染が相次いでいるから医療従事者へのブースター接種を急ぐべきだという意見や、接種を担う自治体の準備があるので実施時期は柔軟に対応できるようにしてほしいなどの声も出ました。私たちがブースター接種の対象にいつなるのか、今後も注目ですね。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén