消化器内科・ガン早期発見
糖尿病・甲状腺外来
循環器内科・高血圧相談
禁煙外来
ダイエット・コレステロール外来
女性漢方外来:アンチエイジング
胃腸の病気、肝臓、胆のう、すい臓などのおなかの病気の診療を行います。
胃がん、肝臓がん早期発見のため、胃カメラ(内視鏡検査)、腹部エコー検査を行っております。
便秘・下痢、腹痛など、おなかの症状があればお気軽にご相談ください。
工藤 敦嘉 ・工藤 あき
食道~胃腸の病気、肝臓、胆のう、すい臓といったおなかの病気の診療を行います。
多くの日本人が生涯のうちに消化器のがんと診断されています。

胃がん、肝臓がんなどの早期発見のため胃カメラ、腹部エコー検査を定期的に行いましょう。

とりわけ、 胃がんは日本人に多いがんで、早期の段階で発見されれば、今や治せる病気であり、定期的に胃カメラ検査を行うことが重要となってきています。
しかし、「胃カメラは吐き気がして二度と嫌。」という方は多いのもまた事実です。
それは、舌の付け根に胃カメラが触れることでおえっと吐き出そうとする反射が生じるためでした。

工藤内科では、苦しくない鼻からの胃カメラも行うことができます。苦痛の少ない安全な検査を目指して様々な工夫をしていますので是非とも一度御相談ください。

「鼻から胃カメラ」の直径は5~6mmととても細く、鼻の穴を通っていくので舌の付け根に触れることがありません。その結果、今まで胃カメラが苦手だった方もおえっとなること無く、安心して胃の検査を受けていただけるようになりました。

鼻の中はゼリー麻酔薬の使用により痛みはほとんどありません。検査中は口からの胃カメラと違い、ドクターと話も出来ますので、リラックスもしやすいといえます。

また鎮静剤は使う必要がほとんどありませんので、くすりによるショックや呼吸が弱くなるといった危険な副作用も減らすことが出来ます。
ページTOPへ戻る▲